むすんで ひらいて展が開催されます。

「むすんで ひらいて ーこれまで から  これから へー」

打刃物の街・与板

この地には 綿々と受け継がれてきた

刃物職人の伝統があります

埼玉大学で教育と美術を学ぶ学生が与板を訪れ

職人とともに刃物をつくる研修が

2006年より続いています

ものとモノとのつながり

ひととヒトとのつながり

この地で育まれたむすびつきが

未来にむけてひらいていくよう

10年続いたその交流の意味を問い

これまでの成果を これからに向けて展示します

菖蒲澤侑

川野稔

横尾晢生

 

展示内容 ー道具と美術が魅せる未来ー

職人の手による一流の打刃物、学生が自らの作品制作のために挑戦した刃物、刃物研修の経緯と成果をまとめたパネルなどと共に、道具と美術の結びつきを示すものとして、学生によるやきもの・木工・インスタレーションなどの美術作品を展示します。

美術作品出展者4名と刃物出展者18名

会期:2017年7月18日(火)〜9月17日(日)  10:30~16:00

会場:与板打刃物工芸館  〒940-2402  新潟県長岡市与板町与板487

公共交通機関:長岡駅前大手口バス停12番線 与板または寺泊行き「与板仲町」下車

自動車道利用:関越自動車道長岡ICより20分   北陸自動車道中之島・見附ICより15分

お問い合わせ

展示について:048-858-3256(埼玉大学教育学部芸術専修美術分野工芸研究室)

来場について:0258-72-2619(河政刃物)

主催:むすんでひらいて実行委員会

共催:河政刃物、高木工業所、中野鉋製作所、小林雅のみ製作所

協力:越後与板打刃物匠会、長岡ゲストハウスねまる

 

カテゴリー: カテゴリなし, メンバーの作家活動・論文発表, メンバーの社会的活動, 教育機関等での活動 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です